【IQ測定2.0】2014 IQ Test 解答と解説

iq145info
LINEで送る
Pocket

はじめに

アクセス解析を見たら「IQ test 2014 解答」でこのブログに来られた方がいました。IQ Test 2014で検索してみると、2014年に出来た最新のIQテストのようです。このテストはまだ遊んだことがなかったので、さっそくあそんでみました。遊び終わったついでに解答と解説をのせておきます。参考にしてみてください!

A Realme のその他のIQ測定テストの答えと解説記事一覧

  1. 【IQ測定2.0】2014 IQ Test  →(答えと解説はこの記事)
  2. 2015年 IQテスト →(答えと解説はこちら
  3. IQトライアングルテスト(2016年版) →(答えと解説はこちら

↓↓これであそびました↓↓

IQ測定2.0

2014IQTestStart_jp

http://www.arealme.com/iq/ja/

第一問 1, 3, 5, 7, 8, 9, 11 – 仲間外れの数字はどれですか?

q1

解答 8

解説

  • 1→3→5→7→9→11と2ずつ増えている。
  • これらの数字は奇数である。
  • よって、解答は8。

 

第二問 仲間外れの動物はどれですか?

q2

解答 ヘビ

解説

  • イヌ、ネズミ、ライオン、ゾウは4本足である。ヘビに足はない

解説2

  • イヌ、ネズミ、ライオン、ゾウは哺乳類であり、ヘビは爬虫類である。

コメント欄もももさんの意見を取り入れ解説に追加しました。

第三問 29、27、24、20、15 – この次にくる数字はどれですか?

q3

解答 9

解説

  • 2→3→4→5→6と数字が増えるごとに演算している。

どう解いたか

  1. 29-27=2
  2. 27-24=3
  3. 24-20=4
  4. 20-15=5
  5. 15-X=6
  6. X=9

第四問     PEACHがHCAEPになるなら、46251はどれになりますか?

q4

解答 15264

解説 & どう解いたか

  1. HCAEP は PEACH の逆さ読み。
  2.  46251 の逆さ読みは 15264

第五問 2、10、12、60、62、310 – 次にくる数字はどれですか?

q5

解答 312

解説

  •  *5、+2の順で数字が増えるごとに演算している。

どう解いたか

  1. 2*5=10
  2. 10+2=12
  3. 12*5=60
  4. 60+2=62
  5. 62*5=310
  6. 310+2=312

第六問 ここに入るのはどれでしょう?

q6

解答 A

解説

q6

  • 上下左右対称問題。
  • 1と2は垂直に折りたたむと同じ画像、
  • 1と3は水平に折りたたむと同じ画像。

どう解いたか

  1. 1番の緑色のボールは左上から光があたっている
  2. 2番の緑色のボールは右上から光があたっている
  3. 3番の緑色のボールは左下から光があたっている
  4. ならば、
  5. 4番の緑色のボールは右下から光があたっているはずだ。

第七問 「すべてのBloopsがRazziesであり、かつすべてのRazziesがLazziesであるならば、すべてのBloopsは絶対にLazziesである」この命題は:

q7

解答 正しい

解説 & どう解いたか

  • 実際に書いてみた

q7

第八問 2,4,8,16,32,64 – 次にくる数字はどれですか?

q8

解答 128

解説

  • 左側の数字を2倍すると右側の数字となる。

どう解いたか

    1. 2*2=4
    2. 4*2=8
    3. 8*2=16
    4. 16*2=32
    5. 32*2=64
    6. 64*2=128

第九問 長女が16歳の誕生日を迎えた日、その歳は弟の4倍でした。では、長女の歳が弟の2倍になるのは長女が何歳になるときですか?

q9

解答 24

解説 & どう解いたか

  1. 弟を Brother の B とする
  2. 長女をSister の Sとする
  3. 16=4B 、B = 4 なので、長女が16歳のとき弟は4歳。
  4. 歳の差は12歳。(16-4=12)
  5. 16と4の最小公約数は4
  6. 16と4の最小公約数は4だから、弟が8,12,16歳・・・のときの長女の年齢を考える。
  7. 8+12=20 2倍じゃない。
  8. 12+12=24 2倍だ。

第十問 1, 1, 2, 3, 4, 5, 8, 13, 21 – この数列にあってはいけない数字はどれですか?

q10

解答 4

解説

  • フィボナッチ数列の問題
  • nとnー1の数字を足すとn+1の数字になる。

どう解いたか

  1. 1+1=2
  2. 1+2=3
  3. 2+3=5
  4. 3+5=8
  5. 5+8=13

第十一問 ここに入るのはどれでしょう?

q11

解答 B

解説 & どう解いたか

q11

  • 青い帯は図形が右の列へ移るごとに、1があった場所から縦に1→2→3と増えていく。

第十二問 ここに入るのはどれでしょう?

q12

解答 F

解説 & どう解いたか

q12

  1. 左側の図形と真ん中の図形と右側の図形を足すと、9つのマスすべてが紅く染まる

 

第十三問 121,144,169,196 – 次にくる数字はどれですか?

q13

解答 225

解説

  • 144-121=23
  • 169-144=25
  • 196-169=27
  • 23→25→27→29
  • 196+29=225

解説その2

  • 121=11*11
  • 144=12*12
  • 169=13*13
  • 196=14*14
  • X =15*15
  • X=225

第十四問 4人のうち一人だけウソをついているとすると、正しいのはどれでしょう?

q14

解答 Cがウソをついており、Bが犯行を行った

誤植 日本語版には誤植があります。

制作者には誤植についてメッセージを送信済みです。

スクリーンショット 2015-04-23 10.45.58

日本語版「B:AとCの少なくとも一人は犯行を行った。

英語版「B said : Either A or B cheated.」

解説

  • 嘘つき問題です。
  • だれかがひとりだけうそをついているので、ひとつずつ発言の真偽を確かめていくことで矛盾点を探し出します。

どう解いたか

    1. C と D の発言は互いに矛盾しているので、どちらかがうそをついている。
    2. なので、C か D のどちらかが、うそをついているとわかればよい。
    3. C とD の発言は互いに矛盾しているので、消去法で A と B の発言は正しいとする。
    4. A の発言が正しいので、B が犯人でなければ C も犯人でない。
    5. B の発言が正しいので、A もしくは B  は犯人である。
    6. C がうそつきなら、B は犯行をしたことになる。
    7. そして、C がうそつきなら、D の発言は正しいので、B が犯行をしたことになる。
    8. よって、Cがウソをついており、Bが犯行を行ったとなる

どう解いたか その2

  1. 記号化して紙に書いて考える
  2. A :(B=C)
  3. B :A or B
  4. C :NOT_B C is
  5. D :B is
  6. 情報量が一番少なく確定的なDを真実として考えていく。→偽り:()真実:(D)
  7. 次に情報量が少なくややこしくないAの発言を見ていく。
  8. AはBとCはセットであると言っている。AはDの言うことと一致しているので真実であるとする。→偽り:()真実:(AD)
  9. BはAかBのどちらかが犯行を行ったと言っている。Aは真実のグループにいるので真実を言っているということになる。偽り:()真実:(ABD)
  10. ここまで情報に矛盾なく進んできている。もしもCの発言を裏返しにして考えて、矛盾なく話が進めば、Cが嘘つきということになる。
  11. CはBは犯人でなく、自分が犯人だと言っている。
  12. もしもCが嘘をついているのなら、Bは犯人であり、自分は犯行していないということになる。
  13. これはAのいう(B=C)と矛盾する。
  14. そして、Cが嘘つきだと仮定して、Cの発言を反転させて考えると、
  15. A(B=C),Bis Not Cとなり、偽り:(C)真実:(ABD)とつじつまが合う。
  16. 解答の中からCが嘘をついている項目を探す
  17. 「Cがウソをついており、Bが犯行を行った」がある。
  18. 「Cがウソをついており、Bが犯行を行った」は上記推測と矛盾しない。
  19. ので、解答は「Cがウソをついており、Bが犯行を行った」となる。

ひとこと:

  • この手の問題が好きな方は、「アインシュタイン式論理脳ドリル」というアプリをおすすめします。

第十五問 ここに入るのはどれでしょう?

q15

解答 -5

解説

q15

  • 下段と中段の数値を一桁になるように足し算で丸め込むと、上段の数値を一桁になるように丸め込んだ値になる。

どう解いたか

  1. 3(1+2)+6(6)=9(9)
  2. 3(2+1)+8(3+5)=11(3+8)
  3. 5(2+3)+6(4+2)=11(4+7)
  4. 9(2+7)+(X)=4(4)
  5. x = -5

解説 その2

  • 上段の数値と中段の数値を引くと下段の数値を足した値になる

どう解いたか その2

  1. 9-6=3(1+2)
  2. 38-35=3(2+1)
  3. 47-42=5(2+3)
  4. 4-*=9(2+7)
  5. *=-5

第十六問 大きさが完全に等しい正方形の紙が以下のように重なっています。一番下にあるのはどの紙ですか?

q16

解答 8

解説

  • すべての正方形は同じ大きさ (ex:1cm*1cm)
  • すべて見えている1は除外
  • 7の下は6
  • 6の下は3
  • 3の下は4
  • 4の下は5
  • 5の下は2
  • 2の下は8

どう解いたか

  1. 実際に方眼用紙を使って問題を解いてみた。

IMG_1590

ひとこと:

  1. 制限時間のないテストだし、筆記用具を使ってはいけないと書かれてないし、問題を解きたいし、いいじゃん。

第十七問 5,10,19,32,49,70 – 次にくる数字はどれですか?

q17

解答 95

解説

q17

どう解いたか

  1. 10-5= 5
  2. 19-10=9
  3. 32-19=13
  4. 49-32=17
  5. 70-49=21
  6. X ー70=25
  7. X =95

第十八問 *のマスに入る数字はどれですか?

q18

解答 17

解説

  • 任意の行の2桁の数値を1桁の数値に分解し、分解した1桁の数値をそれぞれ足すと、ひとつ下の行の2桁の数値になる。

どう解いたか

  1. 8+8+6+3=25
  2. 2+5+9=16
  3. 1+6+2+4=13
  4. 1+3+4+9=17
  5. 1+7+1+0=9

 

第十九問 表の*のマスに両方とも同じ文字が入るとしたら、それはどの文字ですか?

q19

解答 H

解説

  • 上段のアルファベットは左右対称
  • 下段のアルファベットは上下対称

どう解いたか

  1. 左右対称かつ上下対称のアルファベットを答えの中からさがす。

第二十問 次にくるのはどの図ですか?

q20

解答 A

解説

  • 90度動いた棒と水平に重なりあった棒が90度動く

どう解いたか

q20

  1. 棒が90度回転する
  2. 1.で動いた棒と水平に重なりあった棒を90度回転させる

 

おわりに

iq2014end

以上、2014 IQ Testの解答と解説でした!

ありがとうございました。

LINEで送る
Pocket

19 Responses

  1. は? より:

    なんか十四問目aもしくはcが犯人ってなってんじゃんおかしいと思ったよ
    これメチャメチャ簡単な問題だったし…(´д`|||)

  2. より:

    19問目のKは上下対称なのかな?
    俺は対称性+子音と母音の規則性かと思ってた

  3. ももも より:

    二番の動物の仲間外れは、足の数以前に、爬虫類だから仲間外れじゃないの?
    ヘビじゃなくて四本足のトカゲやワニだったとしても仲間外れでしょ?
    トカゲやワニの場合でも仲間外れなんだから足の数は関係ないよね?

  4. ゆゆ より:

    >肉さんへ
    想像上でKを横半分に折りたたんでください。ぴったり重なるはずです。
    (もしもぴったり重ならない場合はフォントが違うからです。
    問19の画像のアルファベットを折りたたんでください。)

    下段の他のアルファベットも横半分で線を引くと上下対象になります。
    なので下段は上下対称であると言えます。

  5. ゆゆ より:

    >もももさんへ
    爬虫類という考え方でも仲間外れを見つけれますね。素晴らしい。

    もしも問題が<イヌ・ネズミ・ライオン・ヘビ・ゾウ・わからない>
    ではなく、<イヌ・ネズミ・ライオン・「トカゲ」・ゾウ・わからない>
    だったのなら、自分も爬虫類で仲間外れにしました。
    しかし、この問題に「トカゲ」や「ワニ」はでてません。
    なので足の数で仲間外れを見つけました。

    いずれにしても、爬虫類で仲間外れにしても、足の数で仲間外れにしても良いと思います。

  6. まさ より:

    14問目どうしても理解できないのですが、Bの証言のAかCというのはどうなるんですか?
    Bは犯人で会って嘘つきではないんですよね?

  7. あああ より:

    問14
    もしCが嘘をついててBが犯人だとしたら、Bの言う『AとCに犯人がすくなくとも一人がいる』も嘘になる

    というかこのIQテスト、採点基準も問題もデタラメすぎる
    得られた値はIQじゃなくてただの得点だし
    サイトそのものが胡散臭さしかしかない

    サイト作成者:xiaoshuju
    https://www.facebook.com/xiaoshuju

  8. こば より:

    16問目は7の下は6とは限らないのでは?

  9. こば より:

    あ・・・理解できました。すみませんでした;;

  10. ゆゆ より:

    >まささん

    申し訳ないです!
    日本語版には誤植があります。
    英語版のBの発言では「すくなくともAもしくはBが犯行を行った」となっています。

    過去の記事では誤植について訂正を入れていましたが、自分の判断でその項を削除しました。

    作者には誤植についてのメッセージを送信済みです。

  11. 名無し より:

    >まささん
    >あああさん
    14問目は誤植とのことですが
    誤植であっても、答えは「Cがウソをついており、Bが犯行を行った」で正しいと思います。
    矛盾はしていません。
    なぜならば、この問題で聞いてるのは
    「(4つの選択肢のうち) 正しいのはどれでしょう?」
    です。
    「誰が嘘をついていて、犯人が一人だとすれば誰でしょう?」
    という問いであの選択肢から選べというのであれば確かにおかしかったかもしれませんが。
    犯人は一人であるという指定もありませんし、Bの発言は「AかC少なくとも一人は犯行を行った」と言ってます。
    つまり最低でもどちらか一人が犯行を行ったと言ってるのであって、別にAとCだけに限定はしていません。
    それはAかCが一人で犯行をしたかもしれないしAとC二人が犯行をしたかもしれない。
    また、AとDかもしれませんし、AとBとCが、またはABCD全員が犯行をしたかもしれないということです。
    そしてCとDが互いに矛盾していてAが正しいことによりCが嘘だと確定。
    さらにDの発言「Bは犯行に加わった」
    DもB一人が犯人だとは言ってません。むしろ「加わった」という言い方をしてます。つまりほかにも別に犯人(共犯者)がいる可能性を示しています。
    Dの証言によりBが犯行をしたことは確定。
    Cの証言(嘘)によりCは犯行をしていない
    Bの証言によりAかC最低でも一人であるわけだからAも犯行をした
    ここまで確定しているのはAとBが犯人であるということだけですので
    犯行をしたものは AとB または AとBとD  またはAとBと容疑者にされていないほかの誰か(とD)
    ということになります。

    しかし問いは正しいのはどれ?というものなので
    Cがウソをついており、Bが犯行を行った
    が正解です。
    誤植でしたが、誤植であっても矛盾はないです。

  12. 名無し より:

    補足ですが
    どっちかっていうと、内容よりかは「犯行を行った」という言い方の方がちょっとおかしいです。
    犯行=犯罪を行うこと
    という意味なので。。。
    自分もちょっとおかしかったです。正しくは 犯行に及ぶ ですね。
    または「犯罪を行った」 「Bの犯行」などでよかったんではないですかね。
    日本語はめんどくさいです

  13. ゆゆ より:

    >名無し さん
    この文を書くのに時間がかかったことと思います。
    詳しい解説をありがとうございました。

  14. はみる より:

    アルファベットの問題が分からなくて困っていたので助かりましたm( )m

  15. ゆゆ より:

    はみるさん
    どういたしまして!

  16. より:

    14問目
    「やってない、犯行に加わった」という二つの書き方があるので、「やってはないが犯行に加わった」つまり、実行犯がCであり、間接的にBが協力し共犯となればCとDの意見が矛盾しているということはない

  17. 通りすがり より:

    あれ?自分こんなコメントしたっけ?>名無しさん

    私もDの、Bは犯行に「加わった」という言い草から、犯人は複数いてもいいのかなと思いました。

    それなら誤植だと思うけど論理的には間違っていないという。もし問題を難しくするためにあえて変更したのだとしたら、作者は相当な論理学者ですね。

    >あさん
    原文では「cheated」で統一されてますね。
    私は「やる」と「犯行に加わる」を区別するのは、可能性としてはありますが、IQテストの「最もシンプルな答えを正解とする」からすると正解ではないのかなと思います。

    上の>もももさんの「爬虫類」は、生物学の知識を必要とするので、IQテスト的には「4本足」の方がシンプルだと思います。

  18. noname より:

    14問目は次のように考えるのが一番早道ではないでしょうか。

    CとD、CとAはいずれも互いに矛盾したことを言っている。
    つまり、嘘つきは「CかDのどちらか」、かつ「CかAのどちらか」である。
    したがって、嘘つきはCと決まる。

    一般に、偽の命題が一つしかないとすれば、互いに矛盾する命題の組が二つ以上ある場合、上記のように即座に一つが偽と特定されることになりますね。

    尚、コメントを見る限りCとAの矛盾が指摘されていないですが、以下を見れば矛盾していることは明らかです。
    A: Bがやらない限りCはやらない。(→CがやったのならBもやっている。)
    C: Bはやっていない。やったのは俺だ。 (→CはやったがBはやっていない。)

  1. 27 6月, 2015

    […] 【IQ測定2.0】2014 IQ Test の2015年バージョンで遊んでみました。URL:http://www.arealme.com/iq-2015/ja/ […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA